Forest kidsの特徴

フォレストキッズは、発達障害(ADHD、LD、自閉症スペクトラム)に特化した児童発達支援です。
したがって、従来の預かり中心の児童発達支援とは異なり、「世界基準の介入教育を早期に!」をスローガンとした療育中心の児童発達支援となります。
 
フォレストキッズの支援の基本の三本柱は、身体的技能の獲得(感覚統合)、知識の獲得(学習支援)、社会性の修得(SST)となっています。

またサービス提供時間内であれば、お子様の預りをすることは可能となっておりますのでご相談ください。

SST

SST(ソーシャルスキルトレーニング)年間プログラムを作成し、発達段階に応じたSSTを実施していきます。

自立支援

自立ができるように個性に合わせ、様々なプログラムを用意しています。

感覚統合

発達障害の子は感覚が過敏であったり、鈍麻であったりすることが多いものです。なので感覚統合を積極的に取り入れています。

学習支援

アセスメントをし、一人ひとりに合わせた学習支援をしていきます。

栄養学的アプローチ

発達障害は栄養で解決されるため、栄養学的アプローチを実践しています。